2015年11月15日

会社を退職した後は必ず離職票と源泉徴収票をもらいましょう!

大事な離職票と源泉徴収票
退社をするときには会社から返してくれるもの
や、自分が返さなくてはならないものがある。こ
れは会社の規模やシステムによって違いがあるが、
おおむね退社時に会社から受け取る書類や返却す
る物には図表のようなものがある。
この中でとくに大事なものが、会社から受け取
る離職票と源泉徴収票である。

離職票はあなたが会社を退職したことを証明する書類で、失業給付
をもらうのに必要。離職票は退社時にはもらえず、
退社後10日から14日ぐらいまでにもらえる。一応、
いつ送ってくれるかを確認しておくこと。
離職票の手続きをしておかないと発行しない会社もあるので
その点には注意しよう。

退職時の離職票手続きについては退職専門のサイトでも紹介されている。
手続きの方法を知っておくと退職時の手続きで迷わなくなる。

所得税の年末調整や確定申告に必要なのが源泉
徴収票だ。

年内に再就職が決まったときには、そ
の会社の年末調整に必要なので提出すること。
もし、あなたが年内に再就職していないときは、
自分で税務署に行き確定申告をしなくてはならな
い。

その場合に源泉徴収票が必要。納めすぎた所
得税が返ってくることが多い。

自分で確定申告をすると、税のしくみが少しは理解できる。
会社へ返却するものとしては健康保険証、
定期券、身分証明書、社員バッジ、名刺、パソコンなどの営業ツール、制服、文房具などの備品等々が
ある。

これらのうち健康保険証は、あなたが会社
を辞めた時点で脱退をしていることになっている
ので、持っていても使えない。

仕事でもらった名刺も返却をしなくてはならな
いことになっているが、これはあなたのビジネス
財産なので返す前にコピーをとっておこう。次の
会社で必ず役に立つ。
posted by iknow at 09:00| Comment(0) | 退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

サスペンスドラマ